« 山下智久が留年 | トップページ | 超美人3姉妹が初競演 »

空耳アワード2008グランプリ

テレビ朝日系で放送中の人気深夜番組『タモリ倶楽部』の名物コーナー“空耳アワー”の2008年グランプリ作品が決定したとのこと。気になるその作品は、アッシャーの「コンフェッションズ・パート2(リミックス)」で、電話の着信音に続いて聞こえる「HEY HEY WHAT'S UP?」が「はい、電話した?」という日本語に聞こえるという空耳だった。

空耳、大好きです。
本来の英語の意味や発音が、まったく違う意味を持った日本語として聞こえちゃうから、高低さを持った笑いを作っちゃう。
これ、計算できない笑いだよね。しかも、聞く人によって聞こえ方が違うところも面白い。 ぜひとも長続きして欲しいコーナーです。

|

« 山下智久が留年 | トップページ | 超美人3姉妹が初競演 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220565/40509835

この記事へのトラックバック一覧です: 空耳アワード2008グランプリ:

« 山下智久が留年 | トップページ | 超美人3姉妹が初競演 »