« 木村拓哉が総理大臣に | トップページ | デビュー曲が初登場4位 »

浅野忠信、オスカー逃す

「第80回アカデミー賞」の授賞式が米ハリウッドで開かれ、外国語映画賞には、オーストリアの『ヒトラーの贋札(にせさつ)』(ステファン・ルツォビツキー監督)が選ばれ、浅野忠信(34)が主演した映画『モンゴル』(セルゲイ・ポドロフ監督)は惜しくもオスカーを逃したとのこと。
映画『モンゴル』は、ドイツ、ロシア、カザフスタン、モンゴルの合作映画で、若き日のチンギス・ハーンを浅野忠信が演じる作品で、今回の作品賞にノミネートされていた。

前年度の菊地凛子といい、日本人がアカデミー賞のような大きな舞台で注目を浴びるのはとても気持ちの良いことだね。でも、今回はホントに残念。浅野忠信の作品はハッキリ言って全て鑑賞している。純粋にファンかもしれない、と思うほど。

では、どこに魅力があるのか?

それは“狂気”だ。

彼の作品にはどこか暴力的な匂いや精神的な闇を描く役どころが多いが、そういったキャラクターではない場合でも“狂気”は至るところで演技や空気を掌握し、破壊し、創造する。彼の演技の魅力は、俺にとってはそこにある。そして、それは世界に充分通用するものだと思っている。

今日の授賞式
FRIED DRAGON FISH

|

« 木村拓哉が総理大臣に | トップページ | デビュー曲が初登場4位 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220565/40260028

この記事へのトラックバック一覧です: 浅野忠信、オスカー逃す:

« 木村拓哉が総理大臣に | トップページ | デビュー曲が初登場4位 »