« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

M1王者

サンドウィッチマンが王者になりましたね。並み居るメジャーどころの芸人をおさえて、敗者復活からの劇的な勝利でしたが、単純におもしろいか、おもしろくないか、で言ったら順当な結果だったと思いますね。エンタでも人気を獲得してきた矢先で、ここで結果を出せて本当に良かった。

ちなみに、過去にサンドウィッチマンと一緒に仕事をしていたが、現在の栄光とはかけ離れたヒドイ仕事だった・・・。そんな状況下でも夢をあきらめないで、ここまで上り詰めたのかと思うと、思わず泣けてくる今日この頃でした。

おめでとう!サンドウィッチマン

| | トラックバック (0)

あなたの戦闘能力は!?

アドワイアーズが、携帯電話で撮影した顔写真を送付すると戦闘能力を診断する「写メスカウター」と、寿命を診断する「死神の写メ」というサービスをリリース。利用料は無料とのこと。このサービスは、独自のアルゴリズムで写真判定を行い、戦闘能力や寿命を診断してくれる。

社メを送るのには結構抵抗があると思うんだけど、魅力的なサービスだよなあ。やっぱりちょっとやりたくなっちゃうもんw 携帯電話って常に身の回りにあって、暇なときでも時間が潰せる補助機能が満載だから、こういったサービスは今後もたくさん出てくるはず。というか、いまの携帯電話の技術や搭載機能をみると、むしろ電話の方が補助機能になりかねないよ。

今日の電話
そういや電磁波ってどうなった・・・

| | トラックバック (0)

M-1ベスト8が決定!

6年ぶりに参加のキングコングらをはじめ『M-1グランプリ2007』の決勝進出者が決まった。2007年で7回目を迎える『M-1グランプリ2007』の決勝進出者がテレビ朝日で発表され、キングコングほか、ハリセンボン、ザブングル、ダイアン、千鳥、トータルテンボス、POISON GIRL BAND、笑い飯 の8組が公表された。

当初は1回ぐらいで終わるかに思われたM-1も、今年で7回目とのこと。確実にM-1の名と栄誉は定着したね。実際、グランプリに輝いた芸人たちは翌年からTVなどのメディアから引っ張りだこだし、話題性も高い。また、人気先行型の最近のお笑いブームに待ったをかける実力主義的な指標をお笑い界と視聴者に与えた。バラエティ番組などで司会やゲストとして笑いを振りまいてはいるが、実際、漫才の実力はいかほどなのか。気になるところがM-1では完全に暴かれる。 キングコングの意気込みもあり、今年のM-1もぜひ楽しみにしたいところ。

| | トラックバック (1)

音大出身の○○アイドル

国立音楽大学出身で数々のコンクール受賞歴をもつお嬢様アイドル、竹内のぞみ(27)。102センチ・Iカップのビッグバストで、グラビアでも活躍する彼女がシングル「冬がはじまるよ」を発売したとのこと。CDに付属のDVDには、特技のピアノ演奏のほか、白のワンピース姿やピンクのビキニ姿でのセクシーポーズも大胆披露。

異色? ・・・これまでにも色々な特技や経歴を持ったアイドルが多いので、そう簡単には驚いたりしなわけですが、彼女もまた異色さ抜群ですなw
キーワードを並べてみると、

・音大出身
・お嬢さま
・Iカップ
・グラビアアイドル
・歌手
・ピアノ
・セクシーポーズ

んー、こう見ると、異色さも感覚的に薄れ、もはや普通に見えてしまう・・・。 でも、なかなか過激なDVDなどをリリースしているようなので、今後の展開次第では、こちらは要チェックかもしれないな。

| | トラックバック (1)

話題のイルミスポット

kizasi.jpがブログで話題になっているイルミネーションスポットのランキングを発表。

東京ミッドタウン(東京)
ららぽーと豊洲(東京)
TENJIN光のファンタジー2007(福岡)
さっぽろホワイトイルミネーション(北海道)
浜松エリア(静岡)
清水寺(京都)
土岐エリア(岐阜)
軽井沢エリア(長野)
名古屋イタリア村(名古屋)
ミキモト ジャンボツリー(東京)

といったところが上位に上がっているとのこと。
この時期、ワクついちゃうのは仕方ないよ。だってキレイだし雰囲気バッチリでしょう、イルミネーションってw ひとりで哀愁に酔いしれたって人に迷惑かけるわけじゃないからいいわけですよ。さらに、一緒に見る相手がいた場合には、相手の気分を図らずとも2~3テンポUPしてくれるわけです。下心もイルミネーションが幻想的に演出しますw

てなわけで、時期モノの街ネタでした。

| | トラックバック (2)

バロンドール賞にカカ!

2007年度の年間最優秀選手バロンドールに、イタリアのACミラン、ブラジル代表MFのカカが輝いた。ブラジル人の選出はロナウド(1997、2002年)、リバウド(99年)、ロナウジーニョ(05年)に次いで4人目とのこと。

さすがブラジル代表、個人のレベルが異常に高いことを物語ってますな。それでいて、チームとしてのまとまりも自然とできてしまう。 昔のように、ヨーロッパ=組織サッカー、南米=個人サッカー と簡単には線引きできないんじゃないかな。プレイスタイルに違いはあれど、やっぱり個の力量が全てにおいて重要なファクターだということでしょう。

| | トラックバック (0)

ミス・ワールドに中国代表

2007年のミス・ワールド世界大会が中国南部・海南島の三亜で開かれ、地元代表の張梓琳(23)がミスに選ばれた。2位はアンゴラ代表、3位はメキシコ代表。
張さんは182センチと長身で、北京で秘書として勤務。ハードルや走り高跳びが好きなスポーツウーマンとのこと。
審査では各国代表106人がまず16人に絞られ、そのうちの5人が最終審査に進み、下馬評の高かったドミニカ共和国代表は最終の5人に選ばれなかった。

世界でもアジアへの注目度はやっぱり高い。キレイな人が多いってことは男性にとってはとても幸せなことなんじゃないかな。毎年、このようなコンテストが世界規模で行なわれて、毎年何人もの“ミス”が選出されてるんだけど、その後の活躍って必ずしも成功してるとは限らないんだろうな。どんな姿になっているのか追跡したいなあー。

| | トラックバック (0)

松たか子がついに!?

女優の松たか子(30)に結婚が報道された。お相手の佐橋佳幸が会見中、共演者から突っ込まれると「ガセだよ」と否定した次の瞬間「来春(の結婚)はね」と、照れながら結婚秒読みを認めたとのこと。

ギタリストで音楽プロデューサーの佐橋佳幸がお相手だそうです。ついに松たか子が結婚しちゃうのか・・・。個人的には音楽活動をしている松たか子が好きなので、お互い感性が近いところで、新しい創造をしてもらえたらいいなあと思います。これからも心を打つような歌を聞かせてほしいので、ここはお祝いモードということで。

| | トラックバック (0)

兄妹げんかで病院送り

故・松田優作の長女(19)が、二男で俳優の松田翔太(22)と口論の末、頭をぶつけ東京都内の病院に搬送されていたとのこと。

 警視庁荻窪署によると、「自宅で夕食のおかずについて翔太さんと口論になり、突き飛ばされ、壁に頭をぶつけた」という。家族が救急車を呼び病院に搬送されたが、けがはなかった。

・・・。 22歳にもなって夕飯のおかずについてケンカになるんだね。でも、兄弟げんかでも最悪な事態に発展するケースもあるわけだから、むしろこの原因は“ほほえましい”ととるべきなのだろうか。

| | トラックバック (1)

初音ミクフィギュア

2日で1万突破の異常なペースで予約が殺到している。
というのは、グッドスマイルカンパニーから2008年3月に発売する初音ミクの2頭身フィギュア「ねんどろいど 初音ミク」(3000円)だ。Amazon.co.jpで受注開始から1日半で1万体を突破したと明らかにした。

すごいなー。フィギュアになってさらに人気爆発しちゃった感じだな。発売時期近辺になったら、間違いなくネットでは話題になるので、これはぜひチェックしておきたいところ。

| | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »