« 2007年の紅白司会者には | トップページ | あのガンダムに新情報 »

ベストスマイルは長澤まさみ

女優の長澤まさみがベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2007を受賞した。男性部門では俳優の藤木直人が受賞、フジテレビ系ドラマ「プロポーズ大作戦」で共演したふたりでのダブル受賞となった。長澤まさみは「笑顔でいる事の大切さを身にしみて感じています」と語った。今クールでは明石家さんまとの共演が話題となっているTBS系ドラマ「ハタチの恋人」が好調、明石家さんまも笑顔にとても印象があるが(歯かよw)スマイルを保つ秘訣について聞かれた長澤まさみは「保つ? そんなことはないです。いつも一緒にいる人に笑わせてもらったり、幸せと思ったら、感謝の気持ちを笑顔で出せればいいと思う」と語ったとのこと。

笑顔って大事、と思う。

顔の表情は感情的に大きく分けて喜怒哀楽とすれば、笑顔は喜と楽。ポジティブ全開なわけですよ、笑顔ってやつは。しかも、相手に与える印象がすこぶるよろしい。それだけに、笑顔って大事と思うわけ。笑顔が気持ち悪いとか、笑顔が汚いとか、そんなの言われた日には本人救いようがないよ、相手にほぼ無条件で好印象をすり込める表現手段なのに、逆に不快にさせちゃうわけでしょ、あとはどんな手段で良い印象を与えればいいのよw だからモデルやタレント、メディアに顔を映す仕事をしている人たちは、笑顔に気をつけているし、練習だってしちゃう。でもまあ、感情のこもっていない笑顔はつくり笑いとして見られ、結果的に悪印象を与えちゃうケースもあるけどね。

ただ、“つくり笑いをつくり笑いと思わせない技術”を持ってると、女優や俳優のような“自分ではない誰かを演じる”という仕事に重宝する。
テクニックじゃない、ホンモノの表現ができる人が世の中に残っていってほしいと思いますな。

|

« 2007年の紅白司会者には | トップページ | あのガンダムに新情報 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/220565/17022786

この記事へのトラックバック一覧です: ベストスマイルは長澤まさみ:

« 2007年の紅白司会者には | トップページ | あのガンダムに新情報 »